プルメザスFSについて コーチ紹介 カテゴリー・練習日・場所 試合・ユニフォーム
料金・入会案内 見学・体験練習 Q&A・お問い合わせ 活動予定表

∨ Promeses FSについて ∨ サッカースタイル ∨ サービス ∨ 名前の由来 ∨ VALORES ∨ 写真ギャラリー

Promeses FSについて

スペインに生まれ育ちサッカー指導を学んだスペイン人Promeses FSコーチXavi Bellido(チャビ・ベジード→コーチ紹介)が、バルセロナで学んだサッカーを日本の子どもたちに伝えたいという思いから、2018年夏に開校致しました。

日本には技術的にはとても高いものを持っている選手が多いですが、それだけでは世界で戦うことは難しいです。サッカーのスタイルに正解はありませんが、他のサッカー強豪国で教えられている、チームでボールを持つ時間を大切にするスタイルを学ぶことで、より良い選手になれるはずです。

また、このスタイルにはチームワークが欠かせないため、人との助け合いを学び、子どもたちの人としての成長にも繋がります。

指導は基本的に日本語で行います。通訳を介せずに、コーチが直接自分の言葉で伝えます。その一方で、挨拶やサッカーに関するスペイン語も練習の中で少しずつ学んでいきます。

希望者はスペインへの短期サッカー留学へも行くこともできます。留学前には、サッカーや日常生活のためのスペイン語クラスを行い、スペインのチームで本場のサッカーを100%学べるようサポート致します。

日本のサッカーとの違いは?

日本のサッカーには器用な選手が多く、技術面においてとてもよく教育されています。全員で一緒に守り、コーチの指示通りに動きます。

しかし、サッカーでそれは常に通用するわけではありません。たったひとつのリフレクション、トラップ、パスミスがプレーを想像していたものとは違うものに変えてしまいます。その時、アドリブ(即興)力や状況判断力が試されます。サッカーでは道は一つではなく、観察しその時の最善の決断を出来る限り速く行うことが出来なければなりません

私の見解では、それが日本のサッカーに足りないことであり、また私が選手たちに教えたいことであります。

(チャビ・ベジード)

プルメザスFSで学べるサッカースタイル

ボール・ポゼッションとよく呼ばれるサッカースタイルです。

個チームでボールを持つ時間を大切にし、相手にボールを取られてもすぐに取り返す、個人プレーよりもチームプレーを第一としたサッカースタイルを教えます。

技術だけでなくチームメイトとの関係についても、年長から考えます。

自分のチームがボールを持っている間、相手チームは何もできません。つまり、攻撃だけでなく、自分のゴールを守っていることにもなります。
サッカーではボールを持つことが全てです。

サービス

選手レポートプルメザスFSでは子どもたちが自分の成長や課題を見つめられるよう、
コーチから各選手にそれぞれの変化について書いたコメントカードをお渡ししています。

※不要な場合は、受け取らないこともできます。

プルメザスの名前の由来

カタルーニャ地図プルメザスFSという名前はカタルーニャ語という言語から来ています。PROMESAには「良い未来がありそうな人」という意味があり、その複数形のPROMESESという名前となりました。

VALORES (バロレス)

Ambición (意欲): 日々成長しようとする。

Respeto (敬意): 仲間もコーチも相手チームも敬う。

Humildad (謙虚な心): 自分が上手になっても驕らず仲間に教えてあげる。

Compromiso (約束を守る): 決めたことをしっかりやる。

Trabajo en Equipo (チームワーク): 一人ではなくて仲間と一緒に頑張る。

写真ギャラリー

20190609練習試合初級カテゴリ20190511練習試合中級カテゴリ20190224練習試合中級カテゴリ

体験練習お申込みはこちらから

ご質問等ございましたら、
promeses@lanostramasia.jpまでお気軽にお問い合わせくださいませ。